Go to Contents Go to Navigation

韓国の造船受注量5カ月連続1位 世界シェアの6割

記事一覧 2020.12.08 14:05

【ソウル聯合ニュース】造船・海運市況分析機関の英クラークソン・リサーチが8日発表した資料によると、11月に世界で発注された船舶164万CGT(標準貨物船換算トン数)のうち、韓国の造船所が約6割に当たる99万CGT(24隻)を受注し、5カ月連続で受注量世界1位を記録した。

現代重工業が建造した超大型オイルタンカー(韓国造船海洋提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今年1~11月の世界の受注実績は中国が667万CGT(298隻、46%)、韓国が502万CGT(137隻、35%)、日本が118万CGT(78隻、8%)の順。前月のデータに含まれていない液化天然ガス(LNG)運搬船や超大型オイルタンカー(VLCC)などを含めると、中国と韓国の累計受注量の差はさらに縮まるとみられる。

 下半期に入って発注が回復したことで、7~11月の世界の受注量(750万CGT)は既に上半期の受注量(697万CGT)を上回った。

 7~11月の韓国の受注量(372万CGT)は上半期(130万CGT)に比べ186%増加した一方、中国は35%減少しており、下半期は韓国が市場を圧倒している。

サムスン重工業が受注したオイルタンカー(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 11月末の世界の手持ち工事量は、前月末から小幅増の6784万CGT。国別では中国が2948万CGT(37%)、韓国が1936万CGT(29%)、日本が829万CGT(12%)の順で、韓国の手持ち工事量が唯一2カ月連続で増加した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。