Go to Contents Go to Navigation

韓国経営者団体 日本大使と懇談=特別入国手続きの拡大を

韓日関係 2020.12.08 15:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の経営者団体・韓国経営者総協会(経総)は8日、ソウル市内のホテルで日本の冨田浩司・駐韓大使を招き、会長団懇談会を開いた。

懇談会で記念撮影する経総の孫会長(前列左から3人目)と冨田大使(同4人目)ら=8日、ソウル(聯合ニュース)

 経総側は日本の対韓輸出規制の影響で貿易に問題が生じ、両国企業が困難に直面するという事態が起こらないようにする必要があると指摘。▼日本の対韓輸出規制の解消▼両国ビジネス関係者の特別入国手続きの拡大と航空路線の再開▼東京五輪の開催成功――に向けた両国の経済人・民間交流の強化を強調した。

 経総の孫京植(ソン・ギョンシク)会長は「韓日の企業は直接的に交流しなければならない状況が頻繁に起こる」とし、「近いうちに両国の企業人の特別入国手続きが拡大し、航空路線も漸進的に再開されるよう望む」と述べた。また、「東京五輪の開催成功のため、両国の経済人をはじめとする民間協力も強化しなければならない」とし、「来年1月、両国が参加する五輪の成功のためのセミナーに韓国の経営界を代表して参加する」との考えを示した。

 冨田氏は、菅政権は両国が重要な隣国との認識を持っているとして、両国の経済協力関係は相互補完的かつウィンウィンだとの認識を示した。そのうえで、両国の政治問題とは別に経済と民間交流の強化に取り組む姿勢を示した。また、羽田―金浦線の再開も重要課題として取り上げた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。