Go to Contents Go to Navigation

米軍用機が韓国上空に異例の連日出動 北朝鮮の動向監視か

記事一覧 2020.12.08 15:23

【ソウル聯合ニュース】米軍の早期警戒機と偵察機が相次いで韓国上空に出動し、北朝鮮に対する偵察飛行を行ったことが8日、分かった。

E3Bが2日連続で韓国上空に出動した(ノー・コールサインのツイッターより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 民間の航空追跡サイト「ノー・コールサイン」などによると、早期警戒機E3Bが7日に続き8日にも黄海や韓国首都圏の上空などを飛行した。E3Bの2日連続の出動は異例。

 E3Bは沖縄の在日米軍嘉手納基地から出動して任務に当たった。同機に搭載されたレーダーは同時に半径400キロ以内の目標600個を探知し、200個以上の目標の敵味方を識別する能力を備えている。

 韓国空軍の航空管制機E737と在韓米軍の偵察機RC12X、E05Cも8日午前に出動した。

 また、米空軍の偵察機E8Cは7日夜に韓国南部から北部の内陸上空に向けて飛行した。

 攻撃レーダーシステムなどを搭載したE8Cは、高度8~12キロの上空からミサイル基地、野戦軍の機動、海岸砲と長距離砲の基地といった地上の兵力と兵器、海上の艦艇の動きを細かく監視できる。一度の飛行で9~11時間の滞空が可能で、航続距離は9270キロに及ぶ。

 米軍の偵察機の相次ぐ出動は、米政権交代期の北朝鮮の軍事動向を監視する狙いがあるとみられる。

 韓国軍の消息筋は「日常的な偵察飛行のようだ。今のところ注目に値する北の軍の動きは捉えられていない」と伝えている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。