Go to Contents Go to Navigation

文大統領の支持率下落 「一喜一憂せず」=韓国大統領府

記事一覧 2020.12.08 16:23

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の康珉碩(カン・ミンソク)報道官は8日、記者団に対し、最新の世論調査で文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が就任後最低を記録したことについて、「一喜一憂する必要はない」と述べた。

ソウルの総合展示場・COEXで開かれた「貿易の日」記念式典で演説する文大統領=8日、ソウル(聯合ニュース)

 世論調査会社、リアルメーターが7日に発表した文大統領の支持率は37.4%、韓国ギャラップが4日に発表した支持率は39%となり、いずれも就任後最低を更新した。

 背景には秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官と尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長の対立、不動産市場の不安定化などがあるとされる。康氏は支持率下落の原因に関しては「説明することはない」として、「心機一転しなければならない」と述べた。

 また、新型コロナウイルスの感染が急拡大していることについて、「防疫の戦時状況」との認識を示し、「最後のヤマ場を乗り越え、防疫で有終の美を飾り、新しい挑戦に立ち向かえるよう心機一転して前に進みたい」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。