Go to Contents Go to Navigation

次期駐日大使内定の姜氏 「韓日関係の友好的な転換に役割果たす」

韓日関係 2020.12.08 18:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」所属の前国会議員で、次期駐日大使に内定した姜昌一(カン・チャンイル)氏は8日、ソウル市内で同党の「朝鮮半島タスクフォース」所属議員らと会合し、「韓日関係を友好的に転換させることに役割を果たす」との姿勢を示した。複数の出席者が伝えた。 

「朝鮮半島タスクフォース」所属議員らとの会合に出席した姜氏(右)=8日、ソウル(聯合ニュース)

 姜氏は代表的な知日派政治家として韓日議員連盟の会長を務めた。

 会合は途中から非公開となった。姜氏が天皇について「韓国では日王と言おう」とした過去の発言を巡り、今月初旬に行った日本メディアとの懇談会では「大使として赴任すれば天皇と呼ばなければならない」と述べたことが議論を呼んでいることについて、会合の出席者からは「仕方がない」とかばう発言があったという。

 ある出席者は会合後、「1998年に金大中(キム・デジュン)大統領が訪日した際、日本の国民が天皇と呼んでいるため、われわれもそう呼ぶのが正しいとすでに(政府の)立場をまとめている」として、「公式の外交関係では天皇と呼ぶことが正しい」と述べた。

 また、「歴史学者でもある姜氏がこれまで過去を長年直視してきたため、これからは未来を見据える方向を見つけようと提案した」とし、「来年1月に赴任できると思っている」と伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。