Go to Contents Go to Navigation

自宅でカラオケやゲーム楽しむ 関連商品の売れ行き好調=韓国

記事一覧 2020.12.09 09:55

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染が拡大する韓国で、カラオケやゲームを自宅で楽しむための商品がインターネット通販で販売を伸ばしていることが9日、分かった。

ブルートゥース機能が搭載されたマイク。テレビ番組やSNS(交流サイト)を通じて話題になった(インスタグラムから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 電子商取引(EC)大手イーベイコリアが運営するネット通販サイト「Gマーケット」によると、9月から12月6日まで、カラオケ用マイクの販売数は前年同期比66%急増した。中でもスマートフォンの伴奏アプリと連動するブルートゥース機能付き商品の人気が高い。

 カラオケ店の雰囲気を味わえるミラーボールなどの特殊照明は12%、カラオケの歌本は81%、それぞれ増加した。 

 ゲームソフトの販売は17%伸びた。高性能グラフィックスを搭載したゲーム向けノートパソコンが16%増、長時間座ったままでも疲れにくい椅子が11%増と、ネットカフェにいるような感覚でオンラインゲームを楽しめる商品の売れ行きも好調だ。家族や友人と一緒に遊べるボードゲームもよく売れている。

 新型コロナ感染の急拡大を受け、8日から首都圏の防疫対策レベルは5段階のうち上から2番目の第2.5段階に引き上げられた。Gマーケットの関係者は「カラオケ店は休業となり、ネットカフェは営業時間が短縮された。関連商品の需要はさらに増えるだろう」と話した。

 自宅で過ごす時間が増えた中、趣味を楽しむための道具・材料の販売も伸びた。ネット通販サイト「11番街」では9月から12月7日までに、クロスステッチ関連商品の販売量が前年同期比147%急増した。手芸だけでなく、工芸や絵画用品、楽器などの販売が一斉に急増した。

 11番街の関係者は「コロナ下で、消費者はゆったりと余暇を過ごして癒しを感じることができる商品を求めている」と分析した。 

ネットカフェの店内に張られた営業時間短縮の案内=7日、ソウル(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。