Go to Contents Go to Navigation

外国人の株式投資資金 11月は純流入額が約7年ぶり高水準=韓国

記事一覧 2020.12.10 14:36

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が10日発表した資料によると、11月は国内の株式市場で外国人投資家の投資資金が55億2000万ドル(約5760億円)の純流入となった。純流入額は月間ベースで2013年9月(76億6000万ドル)以来、およそ7年ぶりの高水準。米大統領選に関する不確実性が軽減され、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が進んだことで投資家心理が上向いた影響とみられる。

11月は外国人の「韓国買い」が際立った(コラージュ)=(聯合ニュース)

11月は外国人の「韓国買い」が際立った(コラージュ)=(聯合ニュース)

 外国人の韓国株式市場への投資資金は今年8月、9月は純流出となったが、10月は13億8000万ドルの純流入に転じ、11月はその額が4倍に膨らんだ。

 韓銀の関係者は「全般的に新興国に多額の資金が流れ込んだ。韓国は新型コロナ感染を比較的安定してコントロールしたと評価され、純流入額が拡大した」と説明している。

 一方、外国人の債券投資資金は11月に4億5000万ドルの純流出となった。株式と債券を合わせた外国人の証券投資資金は、同月は50億7000万ドルの純流入だった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。