Go to Contents Go to Navigation

現代自 40年までに米欧・中国の全モデルを電動車に

記事一覧 2020.12.10 19:49

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は10日にオンラインで開催した投資家やアナリスト向けの説明会で、2040年から米国、欧州、中国など世界の主な市場でガソリン車などの内燃機関車の販売を行わないことなどを盛り込んだ事業戦略を発表した。

イベントに参加した李元熙(イ・ウォンヒ)社長(現代・起亜提供)=10日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代は来年、電気自動車(EV)専用ブランドの新車発売を皮切りに、EV専用ブランドを本格的に拡充する計画だ。 

 同社のアルバート・ビアマン研究開発本部長(社長)は25年までにEV専用モデルを合わせ12モデル以上のEVをリリースし、年間56万台のEVを販売する計画を明らかにした。

 また米国や欧州、中国など世界の主な市場で、40年までに全ラインナップを電動車にする。これらの地域では内燃機関車の販売を行わないが、韓国市場は含まれていない。

 これを実現するため、30年からまず欧州、中国、米国などの市場で段階的にラインナップを変更する計画だ。インド、ロシア、ブラジルなどの新興国では徐々にEVの普及を進める予定だ。 

 現代はEVの割合を今年の5.6%から30年には19%、35年には46%と徐々に拡大し、40年には78%まで引き上げる計画だ。 

 またこれにより、世界のEV市場で、シェア8~10%を達成するという目標を定めた。

 現代は今年、9月末時点で前年同期比33%増となる6万1000台のEVを販売。シェアは5.6%で同1.1ポイント上昇した。

 現代はこれと並行して、用途別に性能と価格が最適化されたバッテリーの開発を持続して推進する計画だ。 

 自動運転に関連した事業では、22年以降に発売する量産車に一定の条件の下、ハンドルから手を離したまま運転できる自動運転技術「レベル3」を搭載する予定だ。

 乗降場から自動で移動して駐車し、再び乗降場まで戻ってくる「自動バレー駐車」機能も、24年までに一般化することを目標に開発中だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。