Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「ワクチン供給計画に変動ない」 米の自国民優先方針に

記事一覧 2020.12.11 14:34

【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領がこのほど、米国で開発された新型コロナウイルスワクチンについて米国民の接種を優先する大統領令に署名し、韓国へのワクチン供給に支障が生じるとの懸念が出ている。

韓国政府は新型コロナウイルスのワクチンを来年2~3月から順次輸入するとしている(イラスト)=(聯合ニュース)

 あるメディアが供給の遅れに備えて別の対応戦略を立てるべきだと指摘したことに対し、感染症対策を担う疾病管理庁は11日、「製薬会社側からワクチンの供給計画に変動はないことを確認した。確保したワクチンの導入に遅れが生じないよう諸般の事項を綿密に検討し、製薬会社側との交渉を継続的に進めている」とする説明資料を出した。

 政府は先ごろ、英アストラゼネカ、米国のファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のヤンセンファーマ、モデルナの製薬大手4社が開発する新型コロナのワクチン4400万人分を事実上、確保したと発表。来年2~3月から順次輸入すると説明していた。

 疾病管理庁は、アストラゼネカのワクチンの開発が遅れているとの懸念に対しては、「メーカー側から関連情報などの提供を受けており、追加での確保にも積極的に努力する」などと説明した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。