Go to Contents Go to Navigation

米国務副長官が訪韓終え帰国へ 韓国政府は厚くもてなし謝意 

記事一覧 2020.12.11 19:50

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪問中のビーガン米国務副長官(北朝鮮担当特別代表)は11日、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が開いた夕食会に出席し、公式日程を終えた。

民間シンクタンク、峨山政策研究院で講演を行うビーガン氏=10日、ソウル(聯合ニュース)

 夕食会には米国側からハリス駐韓米大使、アレックス・ウォン北朝鮮担当特別副代表、国家安全保障会議(NSC)のフッカー朝鮮部長などが、韓国外交部からは李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部、金健(キム・ゴン)次官補、高ユン周(コ・ユンジュ)北米局長が出席した。

 外交部は8日に韓国入りしたビーガン氏のために、9日から3夜連続で夕食会を開いた。

韓国外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官と韓国料理を食べるビーガン氏(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 来年、米国で新政権が発足すれば現在のポストから外れる見通しのビーガン氏に対し、過度な対応との見方もあるものの、これまで同氏が韓米関係の発展のために果たした役割を韓国政府がそれだけ高く評価しているためとみることができる。

 特にビーガン氏が朝鮮半島問題に特別な関心を持ち、誠意を持って努力してきたという点において、多くの政府当局者が感謝していることが分かった。

 康氏もこの日の夕食会で謝意を伝え、韓米関係に対する関心と支持を要請したという。

 韓国滞在中、ビーガン氏は北朝鮮核問題を巡る交渉を振り返り、北朝鮮に向け事実上最後となるメッセージを出した。 

 ビーガン氏は前日、民間シンクタンク、峨山政策研究院で行った講演で、朝鮮半島の恒久的な平和体制構築という内容が盛り込まれた2018年6月の米朝首脳会談でのシンガポール合意について、今も有効との考えを示し、北朝鮮に対し対話の場に戻るよう呼びかけた。

 ビーガン氏は18年8月に北朝鮮担当特別代表に就任してからこれまでについて、さらに多くのことを実現できる可能性があったにもかかわらず、それができずに残念だなどと振り返った。

 同氏は12日午前、ソウル近郊にある在韓米軍の烏山空軍基地から専用機で帰国する。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。