Go to Contents Go to Navigation

キム・ギドク監督がラトビアで死去 新型コロナ感染

記事一覧 2020.12.11 21:49

【モスクワ、ソウル聯合ニュース】世界的に知られる韓国の映画監督、キム・ギドク氏(59)が11日(現地時間)、ラトビアで新型コロナウイルス感染症により亡くなったと、ロシアのタス通信が現地メディアの報道を引用して伝えた。11日未明に症状が悪化し、死亡したという。

キム・ギドク監督=(聯合ニュース)

 現地消息筋によると、キム氏は先月20日にラトビアに到着したが、今月5日から連絡がつかなかった。

 ラトビアの消息筋は聯合ニュースの取材に対し、キム氏の死亡を認めた。

 現地メディアによると、キム氏はラトビア北部のリゾート地、ユールマラに自宅を購入し、永住権を取得しようとしていたが、約束の場所に現れなかった。このため知り合いらが現地の病院などを回り、キム氏を探していたという。

 韓国の外交部によると、ラトビア大使館は韓国国民の死亡が知らされた後、現地の病院などを通じて、死亡のいきさつを確認しているという。

 キム氏の映画「嘆きのピエタ」は2012年の第69回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門最高賞(金獅子賞)に輝いている。韓国人監督の作品が同賞を受賞したのは初めてだった。 

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。