Go to Contents Go to Navigation

30年の温室ガス削減目標 早期に上方修正=文大統領

記事一覧 2020.12.13 11:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」の採択から5年を記念する国連のオンライン会合で、「2030年温室効果ガスの削減目標を早期に上方修正し、提出するよう努力する」との方針を示した。

会合で演説する文大統領=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 文大統領は「韓国は2050年に(二酸化炭素の排出を実質ゼロにする)炭素中立を実現するため、炭素中立と経済成長、生活の質の向上を達成するビジョンを策定した」とした上で、「デジタル革新と結合させたグリーン・ニューディールでグリーン産業を発展させる」と強調。「気候危機を包容的かつ持続可能な成長の機会として新しい雇用を創出し、グリーン・ニューディールの経験と成果を全ての国と共有する」と述べた。

 また、2050年炭素中立の目標を達成するため、年内に長期的な低炭素発展戦略をまとめ、2030年の削減の国別目標(NDC)を絶対量の目標方式に転換し、国連に提出する計画を明らかにした。韓国政府は2015年に提出したNDCに2030年の温室効果ガス排出量を予想より37%削減するとしたが、年内に提出するNDCには2017年の排出量に比べ24.4%削減する目標を掲げる。

 文大統領は来年、ソウルで開かれるグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ(P4G)首脳会談に対する関心と参加を呼び掛け、「気候危機の克服のため、国際社会が緊密に協力するよう、開催国として最善を尽くす」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。