聯合ニュース Go to Contents Go to Navigation

防疫対策の最高レベル引き上げは「最後のとりで」=韓国首相  

送稿時間2020.12.14 09:52

기사 본문 인쇄 및 글자 확대/축소

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は14日、新型コロナウイルス対策を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議を開き、感染者数の急増を受けて防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを5段階のうち最も高い第3段階に引き上げるよう求める世論があることについて「(第3段階への引き上げは)その効果への確信と社会的な共感形成が必要なため、慎重に検討する必要がある」と述べた。また、「第3段階はわれわれが選択できる最後のとりで」とも表現した。

首都圏の状況点検会議を兼ねた中央災難安全対策本部会議を主宰する丁首相=14日、ソウル(聯合ニュース)
首都圏の状況点検会議を兼ねた中央災難安全対策本部会議を主宰する丁首相=14日、ソウル(聯合ニュース)

 その一方で、「政府は各官庁と自治体、専門家の意見をしっかり聞き取っており、必要と判断すれば思い切った決定もちゅうちょしない」と述べた。

 丁氏はコロナの長期化により国民と医療関係者が疲弊していると言及しながらも、「確実なワクチンと治療薬ができるまでへこたれてはならない」と鼓舞。徹底した社会的距離の確保と防疫規則の実践が重要だと繰り返し強調した。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 最新ニュース
more
more
more