Go to Contents Go to Navigation

新捜査機関の設置法改正案可決 「間違っている」54.2%=韓国調査

記事一覧 2020.12.14 11:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが14日に発表した調査結果によると、政府高官らの不正を捜査する独立機関「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」の設置および運営に関する法律の改正案が国会で10日に与党「共に民主党」主導で可決されたことについて、54.2%が「間違っている」と答えた。「よくやった」との回答は39.6%だった。

リアルメーターの調査で、公捜処の設置および運営に関する法律の改正案が国会で可決されたことについて、54.2%が「間違っている」、39.6%「よくやった」と答えた(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 支持政党別に意見が分かれたが、無党派層では「分からない」との回答の割合が高かった。

 地域別では、大邱・慶尚北道で「間違っている」との答えが69.8%で最も高く、光州・全羅道では「よくやった」が75.2%に達した。

 調査はニュース専門テレビ局YTNの依頼を受け、全国の18歳以上の500人を対象に11日に実施された。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。