Go to Contents Go to Navigation

週末の映画観客数わずか14万人台 防疫強化が直撃=韓国

記事一覧 2020.12.14 11:12

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルス感染が再拡大している韓国で、週末に映画館を訪れる人が急減している。映画振興委員会は14日、週末前日の金曜日からの3日間(11~13日)の観客数は約14万7000人だったと発表した。前週末から約3万2000人減少した。8日から全国で防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが引き上げられ、特に首都圏で映画館の午後9時以降の営業が中止されたことが響いた。

ソウル市内の映画館(資料写真)=(聯合ニュース)

 この数カ月の週末観客数をみると、秋夕(中秋節)連休に当たっていた10月第1週の3日間(2~4日)は約109万9000人に回復したが、11月第1週(6~8日)は約70万8000人に減り、12月第1週(4~6日)は約17万5000人に落ち込んだ。社会的距離確保のレベル引き上げ後の最初の週末となった第2週はさらに減少した。

 今の減少ペースが続けば、4月第2週に過去最低(約9万8000人)を記録した週末観客数も近く下回る見通しだ。

 一方、先週末の映画興行(観客動員数)ランキング1位は、10日に封切られた韓国映画「ジョゼ」(原題)だった。女優ハン・ジミンと俳優ナム・ジュヒョク主演のキム・ジョングァン監督作品で、約7万8000人の観客を集めた。

映画「ジョゼ」のポスター(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。