Go to Contents Go to Navigation

世界兵器市場トップ100に韓国3社 販売額は日本6社の半分

記事一覧 2020.12.14 13:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防技術品質院が14日刊行した世界の防衛産業に関する年鑑によると、世界の兵器・防衛関連メーカー上位100社に韓国企業は3社入っており、2018年の販売額は計52億ドル(約5400億円)だった。世界上位100社のうち日本企業は6社で販売額は計99億ドルと、韓国のほぼ2倍に上った。

国防技術品質院がまとめた2020年版の年鑑の表紙=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国企業はハンファエアロスペースが世界46位、韓国航空宇宙産業(KAI)が60位、LIGネクスワンが67位につけた。3社を合計した18年の販売額は前年比9.9%増の52億ドルで、世界全体の1.2%だった。

 日本は富士通など6社が上位100社に名を連ね、18年は世界販売額の2.4%を占めた。

 国別の兵器輸出をみると、世界上位25位のうち韓国のシェアは2.1%で10位だった。英国、イラク、インドネシアへの輸出が多かった。輸出先の数は10~14年は7カ国だったが、15~19年には17カ国に増えた。地域別にはアジア・オセアニアが5割で、欧州が24%、中東が17%を占めた。

 また、韓国の兵器輸入は世界7位だった。55%が米国からの輸入で、ドイツ、スペインなどからも購入した。

 日本は兵器輸出の世界上位25位には入っていないが、輸入は16番目に多い。そのうち96%が米国からの輸入だった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。