Go to Contents Go to Navigation

情報機関トップが警察庁長と面会 スパイ捜査権の移管へ協議=韓国

記事一覧 2020.12.15 16:39

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院(国情院)の朴智元(パク・チウォン)院長は15日、金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長をはじめとする情報・保安関連の警察幹部と面会し、国家情報院法改正案の成立に伴う措置を協議した。国情院が伝えた。

朴智元氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 同法改正により、スパイ活動など共産主義活動の捜査を行う「対共捜査権」は3年の猶予期間をおいて国情院から警察に移管される。

 朴氏は面会の席で「きょうから国情院の全ての対共捜査は警察と合同で行われる。3年後に対共捜査権が移管されるまで、警察が(中心的役割を果たす)『射手』となり、国情院は『助手』となるだろう」と述べた。「対共捜査権の移管を後戻りできないように実行する」とも強調した。

 国情院はこれに向け、内部に移管のための専門組織を新設する計画だ。また、警察との円滑な連携・協議のため両機関の協議体をつくり、定期的に会合する予定だという。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。