Go to Contents Go to Navigation

失業率3.4%に悪化 11月では04年以来の高水準=韓国

記事一覧 2020.12.16 09:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の統計庁が16日に発表した雇用動向によると、11月の失業率は3.4%で前年同月に比べ0.3ポイント悪化した。11月としては2004年(3.5%)以来の高さとなった。

求人情報をチェックする求職者=(聯合ニュースTV)

 11月の失業者数は96万7000人で、前年同月比10万1000人増加した。

 一方、11月の就業者数は2724万1000人で、前年同月比27万3000人減少した。3月から9カ月連続の減少で、アジア通貨危機の影響があった1998年1月~99年4月に16カ月連続減少して以降で最長となる。

 ただ、新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが引き下げられたことから、就業者数の減少幅は縮小した。

 年齢別では60才以上(37万2000人増加)を除き、全ての年齢層で減少した。15歳以上の就業率は60.7%で、前年同月比1.0ポイント低下。13年11月(60.7%)以来の低水準となった。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。