Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領府 コロナ禍のサイバー脅威対応を論議

IT・科学 2020.12.16 13:49

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は16日、国家サイバー安保政策調整会議を開き、新型コロナウイルス禍のサイバー脅威への対応について論議し、ワクチン会社へのハッキングの試みに備えた政府の態勢を確認した。

国家サイバー安保政策調整会議に出席した徐薫国家安保室長(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 会議はテレビ会議形式で開かれ、16官庁の次官級高官が出席した。

 会議を主宰した徐薫(ソ・フン)国家安保室長は「遠隔授業や在宅勤務の拡大、デジタルトランスフォーメーションの加速化でサイバー安保の重要性がいつになく高まっている」とした上で、サイバー課題を点検して先回りした対応を取るよう指示した。

 同会議は国家レベルのサイバー戦略と政策を審議・調整するために毎年開かれている。

hjc@yna.co.kr

最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。