Go to Contents Go to Navigation

「国民の検察」へ前進 改革を再度強調=韓国法相

記事一覧 2020.12.16 16:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官は16日、権力機関の改革に関する合同記者会見で、「検察のための検察ではなく、国民が望む正義を実現する『国民の検察』へ進んでいく」と述べ、検察改革を完遂する考えを再度強調した。

秋氏(左)と尹氏=(聯合ニュース)

 会見は政府高官らの不正を捜査する独立機関「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」設置法の改正案とスパイ活動など共産主義活動の捜査を行う「対共捜査権」の警察への移管を柱とする国家情報院(国情院)法改正案が国会で可決され、閣議で公布を決定したことを受けて開かれた。法務部と国情院、行政安全部が参加した。

 秋氏が「国民の検察」を強調したのは、同日未明、法務部の懲戒委員会で停職2カ月の処分を受けた尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長を念頭に置いた発言との見方もある。

 秋氏は「『ろうそく革命』で新政権が発足し、検察をけん制と均衡の民主的な原理に基づいて改革し、『国民のための検察』に変化させると約束した」として、「このため、捜査権の改革法令と下位の法令の改正に努め、検察改革の具体的な成果を立法化した」と説明。今後の検察の在り方に関しては、「捜査権が乱用されたり、人権侵害が発生したりしないよう、捜査手続きの適法性を統制する人権保護官として、本来の役割を忠実に遂行する」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。