Go to Contents Go to Navigation

金正日総書記死去9年 正恩氏が錦繍山太陽宮殿参拝

記事一覧 2020.12.17 08:34

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が父・金正日(キム・ジョンイル)総書記の死去9年を迎え、遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を参拝した。朝鮮中央通信が17日、報じた。

金委員長が金総書記の死去9年を迎え錦繍山太陽宮殿を参拝した(労働新聞のホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同通信は参拝の日時を明らかにしなかったが、17日は金総書記の命日で、北朝鮮メディアが通常、金委員長の行動を翌日に報道してきたことから、前日またはこの日午前0時に参拝したとみられる。

 参拝には崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長(国務委員会第1副委員長)、党中央軍事委員会の李炳哲(リ・ビョンチョル)副委員長、金徳訓(キム・ドクフン)首相、朴奉珠(パク・ボンジュ)党副委員長(国務委員会副委員長)や金委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長らが同行した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。