Go to Contents Go to Navigation

韓国中銀 米との通貨スワップ協定を半年再延長

記事一覧 2020.12.17 09:27

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は17日、米連邦準備理事会(FRB)と結んでいる通貨交換(スワップ)協定の期限を現行の2021年3月31日から同年9月30日に延長することで合意したと発表した。限度額は600億ドル(約6兆2080億円)で変更なし。

韓米の中央銀行は通貨スワップ協定の期間をさらに半年延長した=(聯合ニュース)

 通貨スワップは、通貨危機などの緊急時に相手国に自国の通貨を預け、相手国通貨や米ドルを受け取る取り決め。

 韓国銀行はこの日、国内外の金融市場は全般的に安定しているとしながらも、「新型コロナウイルス感染の再拡大による不確実性に先回りをして対応するには協定の延長が必要との見解で一致した」と説明した。

 韓国銀行とFRBは今年3月19日、限度額600億ドルの通貨スワップ協定を締結。7月30日に、当初は9月30日までだった期限を来年3月31日に延長していた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。