Go to Contents Go to Navigation

韓国人教授 差別発言のDHC会長に抗議=不買運動展開へ

記事一覧 2020.12.17 10:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は17日、在日コリアンをおとしめる文章を自社販売サイトに掲載した日本の化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長に抗議のメールを送ったと明らかにした。

誠信女子大の徐ギョン徳教授がDHCの吉田嘉明会長に抗議のメールを送った=(聯合ニュース)

 徐氏はメールで「グローバル企業なら他国の消費者に基本的な礼儀を守るべきだ。吉田会長の言動は常に下品だった」と指摘した上で、今回のことで傷ついた在日コリアンに心から謝罪するよう求めた。また、DHC製品の不買運動を展開するとした。

 同社はオンラインショップのサイトに先月掲載した吉田会長名の文章で、ライバル会社のサントリーについて「CMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員がコリアン系の日本人」とし、そのためサントリーがネットで揶揄(やゆ)されているようだと、在日コリアンへの蔑称を交えながら主張した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。