Go to Contents Go to Navigation

LINEのオンライン診療サービス 日本首都圏で先行提供開始

IT・科学 2020.12.17 15:39

【ソウル聯合ニュース】韓国インターネットサービス大手NAVER(ネイバー)の日本子会社LINEは17日、オンライン診療サービス「LINEドクター」のサービスを開始したと発表した。

LINEがオンライン診療サービスを開始した(LINE提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 LINEドクターはビデオ通話で医師の診療を受けられるサービスで、病院の検索、予約、診察、決済まで全てLINEアプリ上で行うことができる。

 このサービスは日本の首都圏の一部医療機関で先行提供され、処方された薬の代金と薬の配送代金を除いて利用料は発生しない。

 LINEは医療情報サービス企業のエムスリー(東京都港区)と共同で昨年1月に合弁会社「LINEヘルスケア」を設立し、遠隔診療サービスの準備を進めてきた。

 昨年12月に開始した「健康相談サービス」の相談リクエスト数は累計30万件を突破したという。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。