Go to Contents Go to Navigation

「世界韓国語大会」初開催へ 21日からオンラインで

記事一覧 2020.12.17 16:46

【ソウル聯合ニュース】「2020世界韓国語大会」が21~23日にオンラインで開催される。文化体育観光部、国立国語院、国立ハングル博物館が主催し、世界韓国語大会組織委員会、世宗学堂財団が主管する。

「2020世界韓国語大会」が21~23日にオンラインで開催される=(聯合ニュース)

 大会は「韓国語、ハングルの未来を問う」をテーマに今年初めて開催される。ハングルと韓国語の専門家が学問的成果を共有し、第4次産業革命時代のハングル、韓国語の展望を考える。

 学術行事は韓国語学、韓国語教育学、韓国語産業の3部門に分かれて行われ、31カ国から約340人が参加する。

 共同組織委員長を務める朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官は「大会が最近の新韓流をリードする韓国語を広める足掛かりとなって韓国語関連の産業分野の成長につながるよう、ハングルと韓国語に対する支援を惜しまない」との方針を示した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。