Go to Contents Go to Navigation

中堅5カ国の国会議長が会議 韓国はワクチンの公平な普及・南北協力強調

記事一覧 2020.12.17 18:02

【ソウル聯合ニュース】韓国、メキシコ、インドネシア、オーストラリア、トルコが加盟する中堅国機構(MIKTA)の国会議長によるテレビ会議が17日開かれた。韓国の朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長は会議で「世界保健機関(WHO)中心のグローバル保健ガバナンス(統治)が強化されなければならない」とし、各国が新型コロナウイルスのワクチンと治療薬を公平に入手できるよう国際社会が努力しなければならないと指摘した。

MIKTAの国会議長によるテレビ会議に出席した朴炳錫氏=17日、ソウル(聯合ニュース)

 朴氏はまた、「北の住民も新型コロナで厳しい状況に置かれている」とし、「人道主義的な目的の南北保健・防疫協力」の必要性を提起した。 

 5カ国の議長は「社会的、経済的な弱者とともに歩むことができる持続的で効果的な新型コロナ解決策提示のための役割を全力で果たす」とする内容を盛り込んだ共同宣言文を採択した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。