Go to Contents Go to Navigation

検事総長 停職処分の取り消し求め提訴=韓国

記事一覧 2020.12.17 22:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長は17日、停職2カ月の懲戒処分の取り消しを求める訴訟を起こした。訴訟の結論が出るまで、懲戒処分の執行停止も申請した。尹氏の弁護士が明らかにした。

停職処分を受けた後、大検察庁を後にする尹氏=16日、ソウル(聯合ニュース)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、尹氏の懲戒処分を裁可している。

 裁判所が尹氏の執行停止の申請を認める場合、停職2カ月の処分は訴訟の結論が出るまで効力を失い、尹氏は職務に復帰できる。

 だが、棄却されれば、訴訟の結論が出るまで2カ月停職の処分は効力を維持する。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。