Go to Contents Go to Navigation

孫興ミン「ドリブル独走弾」がFIFAプスカシュ賞 韓国選手初

記事一覧 2020.12.18 09:27

【ソウル聯合ニュース】国際サッカー連盟(FIFA)は18日(日本時間)、スイス・チューリッヒで年間表彰式を開き、最優秀ゴールに贈るプスカシュ賞に、英トットナム所属の韓国代表FW孫興ミン(ソン・フンミン、28)が昨年12月のバーンリー戦で決めた「70メートルドリブル独走弾」を選定した。韓国出身選手の受賞は初。

孫興ミンのゴールがプスカシュ賞に選ばれた(FIFAホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 アジア選手としては、2016年に受賞したマレーシア代表のモハメド・ファイス・スブリに次いで2人目。

 孫は昨年12月のイングランド・プレミアリーグ第16節のバーンリー戦で、自陣から約70メートルをドリブルで疾走して6人を抜き去ると、右足のシュートでゴールネットを揺らした。

 このゴールは英BBC放送が選ぶシーズン最高のゴール、2019~20シーズンのプレミアリーグ・ベストゴールにも選ばれている。

 孫はプスカシュ賞に選ばれた後、自身のSNS(交流サイト)に「とても特別な晩だ。投票し、支持してくださったすべての皆さんに感謝申し上げる。きょうを決して忘れない」とつづった。

 表彰式会場と結ばれたオンラインインタビューでは「最高だ。すごくいい気分」と喜びの気持ちを語った。

昨年12月、孫興ミンは衝撃のゴールで沸かせた(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。