Go to Contents Go to Navigation

セクハラ容疑の前釜山市長 韓国地裁が逮捕状棄却

記事一覧 2020.12.18 19:15

【釜山聯合ニュース】韓国釜山地裁は18日、強制わいせつの疑いが持たれている呉巨敦(オ・ゴドン)前釜山市長に対する検察の逮捕状請求を棄却した。

逮捕状発付の是非を巡る審査のため、釜山地裁に入る呉氏=18日、釜山(聯合ニュース)

 地裁は「被疑者を非難する可能性は大きいが、全体的な事実関係では争いがない」として、「証拠隠滅、逃走の恐れがない」とした。

 検察は15日に呉氏の逮捕状を請求していた。

 呉氏は今年4月初旬、業務時間中に部下の女性職員を執務室に呼び出してセクハラをした疑いを持たれている。また、2018年に別の職員に対するセクハラの疑いもある。今年4月のセクハラ容疑については6月に逮捕状が請求されたが、当時も証拠隠滅や逃走の恐れがないなどし、棄却された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。