Go to Contents Go to Navigation

韓国の即席麺輸出が過去最高 巣ごもりや「パラサイト」効果で

記事一覧 2020.12.21 11:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の即席麺の輸出額は2020年に6億ドル(約620億円)程度に上り、過去最高を記録する見通しだ。韓国関税庁と食品業界が21日までに集計したところ、1~11月の輸出額は5億4972万ドル(約568億円)で、前年通年(約4億6700万ドル)を上回った。新型コロナウイルスが流行する中、即席麺は備蓄食料として需要が拡大した。また、韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が米アカデミー賞を受賞し、劇中に登場する即席麺のアレンジメニュー「チャパグリ」が注目を浴びたことも追い風になった。

食品大手、農心の主力即席麺。「チャパゲティ」と「ノグリ」をまぜて作る「チャパグリ」はインターネットから広まった食べ方で、のちにカップ麺も発売された(農心提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今年1~11月の輸出額は前年同期比28.4%増加した。輸出先別にみると、中国向けが1億3856万ドルで全体の25.2%を占めた。次いで米国(7284万ドル)、日本(4498万ドル)、タイ(2466万ドル)、フィリピン(2237万ドル)の順だった。

 即席麺の輸出額は、16年の約2億9000万ドルから17年が約3億8000万ドル、18年が約4億1000万ドル、19年が4億7000万ドルと年々増加。20年は一気に6億ドルに迫るとみられる。

 食品メーカーは海外工場でも即席麺を生産しており、海外での消費量は輸出量を大きく上回る。

 中国と米国に工場を持つ農心は、「韓国からの輸出と同程度の売り上げを現地で計上している」と話した。

 八道はロシアとベトナムに現地法人を置いている。これら海外現法の1~9月の売上高合計は韓国からの輸出額を大幅に上回った。

 三養食品は全量を韓国で製造、輸出する。1~9月の輸出額はすでに前年通年を上回っているといい、韓国内の販売額より大きい。

 主に韓国で製造、輸出するオットゥギも、今年の輸出実績は前年同期比で2~3割伸びている。

三養食品のヒット商品(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。