Go to Contents Go to Navigation

20年もサムスンのテレビ販売好調 15年連続で世界1位

記事一覧 2020.12.23 09:49

【ソウル聯合ニュース】英調査会社オムディアによると、2020年の世界テレビ市場は、新型コロナウイルス感染症対策の外出自粛の影響で販売台数が5年ぶり高水準を記録する見通しだ。メーカー別では韓国のサムスン電子が15年連続の販売首位を確実にしている。

サムスン電子のQLEDテレビ(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今年の世界のテレビ販売は2億2383万台に上ると予想される。前年(2億2291万台)を上回り、15年(2億2621万台)以来の高水準となりそうだ。新型コロナの流行により自宅で過ごす時間が長くなり、テレビの新規購入と買い替え需要が増えた。

 ただ、販売金額は約977億959万ドル(約10兆1200億円)と、前年(1054億6680万ドル)を下回る見通しだ。コロナ下でオンライン販売が拡大し、販促費の縮小が商品単価の引き下げにつながったため。

 サムスン電子は今年、前年比11.2%増の4902万台を売り上げると見込まれる。これは、ソチ冬季五輪とサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会があった14年(5294万台)以来の高水準となる。

 今年のテレビ市場は高級化と大型化が目立った。

 サムスン電子が主導する量子ドット技術を用いたQLEDテレビの販売は前年比54%増の919万台。韓国・LG電子が強みを持つ有機ELテレビは18%増の354万台と予想される。

 画面サイズを見ると、最も良く売れているのは50型台(7004万台、前年比5.8%増予想)だが、前年比の伸びは60型台が15.9%、70型台が43.3%、80型台が80.0%と、大きく上回る。  

 サムスン電子とLG電子は今年、新技術の製品をそれぞれ発売しており、専門家はハイエンド、大画面競争がさらに激しさを増すと予想する。

韓国・ソウル市内の大型小売店のテレビ売り場(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。