Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「ワクチンを世界で最初に接種する理由ない」 安全性が最重要

記事一覧 2020.12.23 14:47

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は23日、野党や一部のメディアが新型コロナウイルスワクチンの確保の遅れを非難していることに対し、韓国がワクチンを世界で最初に接種せねばならない理由はなく、ワクチンの安全性が最も重要だと反論した。

新型コロナワクチンの確保の遅れに非難の声が上がっている(イラスト)=(聯合ニュース)

 政府の中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)戦略企画班長はこの日、新型コロナへの対応に当たる中央災難(災害)安全対策本部の会見で、「近ごろ韓国社会にワクチンを世界で最初に打たねばならないかのような雰囲気がある」と懸念を示した上で、「ワクチンは安全性を確認することそのものが国民にとって非常に重要。特に新型コロナワクチンは開発プロセスがかなり短縮されており、安全性は見逃せない重要なテーマだ」と強調した。

 こうした事情を踏まえてワクチンを世界で最初に接種するような状況は避けるべきだとし、「先に接種を始めた国で起きる問題を1~2カ月かけて観察する機会を得ることができ、非常に幸いだと思う」と述べた。

 ワクチンの接種を開始した米国や英国と韓国の流行状況の違いにも言及した。

 孫氏は、米国は1日当たり20万人、英国は3万5000人程度の感染者が発生しており、米国の累計死者数は31万人、英国は6万7000人に達すると指摘。「こうした国はワクチン以外に取ることのできる防疫戦略がほぼないため、自国企業を通じてワクチンを開発し、世界で最初に接種を始めた」と説明した。

 韓国での接種開始の予想時期については、「安全性が確認されれば、できる限り速やかにリスクの高い人を中心に予防接種を開始することになるだろう」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。