Go to Contents Go to Navigation

新型コロナワクチン 2600万人分の購入契約完了=韓国政府

記事一覧 2020.12.24 11:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は24日、新型コロナウイルス対策を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のヤンセンファーマ、米同業大手ファイザーとそれぞれ新型コロナワクチンの購入契約を23日に結んだことを発表した。

会議で発言する丁世均首相=24日、ソウル(聯合ニュース)

 丁氏は、ヤンセンとは当初予定よりも200万人分多い600万人分の契約を結んだとし、来年4~6月期から接種を開始すると伝えた。

 ファイザーのワクチンについては、1000万人分の契約を結んでおり、来年7~9月期から輸入するとした。導入の時期を前倒しするため、交渉を進めているという。

 丁氏は英国や米国などの国々でワクチン接種が始まったが、大半は接種が非常に急がれる国だとし、「政府は先に接種されたワクチンが安全かどうか、十分に効果があるかどうかなどを綿密に見極め、国民ができるだけ早く安心して接種を受けられるよう準備する」と強調した。

 政府はすでに英製薬大手アストラゼネカと1000万人分の購入契約を結んでおり、計2600万人分のワクチン契約を完了したことになる。

 政府は今月8日、ワクチンを共同購入する国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を通じて調達する1000万人分と海外製薬大手4社からの購入分を合わせ、計4400万人分のワクチン確保計画を閣議決定した。

 アストラゼネカに続きファイザー、ヤンセンとの購入契約が完了し、残るは米モデルナとの契約締結となる。モデルナとは「供給確約書」を結んで購入量を確定させているという。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。