Go to Contents Go to Navigation

韓国軍が独島防衛訓練 今月初めに非公開で実施=今年2回目

政治 2020.12.25 08:00

【ソウル聯合ニュース】韓国軍が今年2回目となる独島防衛のための「東海領土守護訓練」を非公開で実施していたことが25日、分かった。複数の政府消息筋が明らかにした。

韓国軍が独島防衛のための訓練を実施した(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 政府消息筋によると、同訓練は4日に独島周辺の海上で実施され、海軍と海洋警察の艦艇や航空機が投入された。上陸部隊の海兵隊は参加しなかったという。

 6月2日に実施された前回の訓練よりも参加した戦力は少なかったもようだ。訓練は民間船舶の領海侵犯や軍事的脅威が迫った状況を想定して実施された。

 前回訓練には艦艇7~8隻と空軍の主力戦闘機F15Kを含む航空機4~5機が参加したとされる。

 韓国政府と軍当局は今回の訓練の日程について公表しなかった。政府消息筋は「通常、訓練の日程は事前に公開していない。今回の訓練も定例的なもの」と話した。

 軍は1986年から毎年上半期と下半期に独島防衛訓練を実施している。昨年、訓練の名称を東海領土守護訓練に変更した。

 これまでは駆逐艦(3200トン級)などの海軍と海洋警察の艦艇、P3C海上哨戒機、F15Kなどが投入されたが、今回は空軍戦力は参加しなかったとされる。

 日本は韓国が同訓練を実施するたびに反発している。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。