Go to Contents Go to Navigation

ワクチン接種遅延の懸念 「事実ではない」=文大統領

記事一覧 2020.12.28 15:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日の首席秘書官・補佐官会議で、新型コロナウイルスのワクチンについて、「韓国がワクチンを十分に確保していない、接種が遅れるなどの懸念が一部にある」として、「これは事実ではない」と述べた。

首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=28日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は「数カ月前から政府レベルの支援体系を稼働させ、専門家たちの意見を聞きながらワクチンの確保に万全を期してきた。ワクチンの接種戦略と目標について複数回にわたり明らかにした」と説明。「当初の方針に従い、滞りなく進めている。すでに十分な量のワクチンを確保しており、突発的な状況に備えて追加確保を推進している」とし、「ワクチンの導入時期を早めるための努力も傾けており、接種の準備を徹底的に行っている」と強調した。

 その上で、「来年2月から医療陣や高齢者療養施設の収容者・従事者など、優先順位の高い対象者から接種を始められると予想する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。