Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の19年成長率0.4% 南北所得格差27倍に=韓国統計

記事一覧 2020.12.28 17:00

【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が28日発表した「北朝鮮の主要統計指標」報告書によると、北朝鮮の2019年の経済成長率は0.4%で、3年ぶりに増加に転じた。また南北間の所得の格差は27倍に達した。

韓国統計庁が発表した報告書によると、北朝鮮の19年の経済成長率は0.4%で、3年ぶりに増加に転じた=(聯合ニュースTV)

 ◇北朝鮮プラス成長も南北間の所得格差は増加

 19年の北朝鮮の名目国内総生産(GDP)は35兆3000億ウォン(約3兆3300億円)で、韓国(1919兆ウォン)の54分の1程度だった。

 19年の北朝鮮の経済成長率は0.4%と推計された。17年(マイナス3.5%)、18年(マイナス4.1%)と2年連続でマイナス成長だったが、3年ぶりに増加に転じた。観光地区の開発に伴い、建設業が2.9%増加したことなどが影響した。

 南北間の所得差はさらに広がった。19年の1人当たり国民総所得(GNI)は韓国が3744万ウォンで、前年より2万ウォン減って141万ウォンとなった北朝鮮の約27倍に達した。南北間の格差は09年の21倍から、15年は23倍、18年は26倍と広がっている。

 北朝鮮の19年の食糧用作物の生産量は464万トンで、韓国(438万トン)より多かった。ただコメの生産量は224万トンで韓国(374万トン)の5分の3程度だった。

 北朝鮮の19年石炭生産量は2021万トンで前年比11.8%増加した。鉄鉱石は283万トン、粗鋼は68万トンで、1990年以降、最低だった。セメントは560万トンで2004年以降、最低だった。

 19年の北朝鮮の発電所の設備容量は8150メガワットで、韓国(12万5000メガワット)の15分の1だった。

 ◇貿易額14.1%増加 食糧不足で穀物輸入が急増

 北朝鮮の19年の貿易額は32億4000万ドル(約3350億円)で、韓国(1兆456億ドル)の322分の1だった。

 国連の対北朝鮮制裁の影響で前年の貿易額が大きく減少(マイナス48.8%)したことによる反動で前年比14.1%増加した。

 制裁の影響を受けない品目を中心に輸出の割合が増加した結果、最大の輸出品目は「時計および部品」となり全体の17.8%を占めた。前年に比べ57.9%増加した。最大の輸入品目は鉱物性燃料・鉱物油(同11.7%)だった。

 食糧不足でコメ・とうもろこしなどの穀物の輸入額は前年比242.0%増加した。

 昨年の北朝鮮の最大の貿易相手国は中国で、全体の95.4%を占めた。ロシア(1.5%)、ベトナム(0.9%)、インド(0.4%)と続いた。

 統計庁は「GDPなど北の経済状況が前年に比べ少し良くなった部分があるが、制裁の影響が大きく、まだ打撃がある状況」と説明した。

 ◇男女の平均寿命 10年以上韓国より短い

 人口は北朝鮮が2525万人、韓国が5171万人で、合わせて7696万人と集計された。

 平均寿命は男女ともに韓国が10年以上長かった。北朝鮮男性の平均寿命は66.7歳、女性は73.5歳だった。韓国は男性が80歳、女性が85.9歳となっている。

 国連が推計した北朝鮮の15~20年の合計特殊出生率(女性1人が生涯に産む子どもの推定人数)の平均は1.91人で韓国(1.11人)より高かった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。