Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領の年間給与 来年は2.8%増の2252万円

記事一覧 2020.12.29 10:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の人事革新処は29日、2021年の大統領の年間給与が今年に比べ2.8%増の2億3822万ウォン(約2252万円)、首相は1億8468万ウォンに決まったと発表した。公務員の報酬引き上げ率などを定める規定の改定案が同日、閣議決定されたという。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 各官庁の長官(長官級)は1億3580万ウォン、次官(次官級)は1億3189万ウォンなどとなった。

 来年の公務員報酬の引き上げ率は0.9%に決めたが、厳しい経済状況などを踏まえ、大統領を含む政務職や高位公務員団(中央官庁の局長級以上)などは引き上げ分を返納することにした。ただ、今年に給与への適用を先送りしていた引き上げ率(2.8%)を反映する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。