Go to Contents Go to Navigation

対北ビラ散布禁止法は「違憲」 市民団体が憲法裁に訴え=韓国

記事一覧 2020.12.29 11:22

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の人権問題に取り組む韓国の27の市民団体が29日、憲法裁判所前で記者会見を開き、北朝鮮に向けた体制批判のビラ散布の禁止を盛り込んだ「南北関係発展に関する法律」の改正案は違憲だとして、憲法裁判所に訴えを起こすとともに、効力停止を求める仮処分を申し立てた。

韓国の市民団体が対北ビラ散布禁止法は違憲とする訴えを憲法裁に起こした=(聯合ニュース)

 団体は「接境(南北境界)地域の住民の安全を口実に外部情報に乏しい北の住民の人権を放棄し、北の独裁政権を庇護(ひご)している」と主張。同法は表現の自由と幸福追求権、大韓民国の正当性とアイデンティティーを侵害すると訴えた。

 また、「統一部が第三国でのビラ散布行為を同法の適用対象から除外する解釈指針を制定するとしたのは拙速だったことを認めるもの」として、「超法規的発想を捨て、法律を改めて改正しなければならない」と主張した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。