Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が5年ぶり党大会 来年1月上旬開催を決定

記事一覧 2020.12.30 09:14

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が5年ぶりとなる朝鮮労働党大会を2021年1月上旬に開催する。朝鮮中央通信は30日、党中央委員会の政治局会議が前日に開催され、第8回党大会の1月上旬開催が決定したと伝えた。

党機関紙の労働新聞は30日、党中央委員会の政治局会議が29日に開催されたと報じた。金正恩国務委員長(党委員長)が会議に出席した(同紙ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 党大会は1月1日から10日までの間に、数日にわたり開催される可能性が高い。この期間には金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の誕生日(1月8日)もある。

 中央通信によると、この日の政治局会議は金委員長が取り仕切り、金在龍(キム・ジェリョン)党副委員長が進行役を務めた。党大会の準備状況や議題などを議論、決定したという。

 党大会に先立ち、地域、部門別の党代表会を開催して代表者の選出を終えたようだ。

 議題については具体的な言及がなかったが、党大会で新たな国家経済発展5カ年計画を発表すると既に表明している。対米、対韓政策の方向性など、対外政策を公表する可能性も高い。党の組織再編と党幹部の交代も予想される。

 また、中央通信は「80日戦闘」に触れ、「期間中に各分野で革新的な成果と進展を成し遂げ、第8回党大会招集に向け立派な条件を整えた」と評価した。

 北朝鮮は10月12日から12月30日まで、新型コロナウイルス感染症の防疫と水害からの復興、経済立て直しに力点を置く「80日戦闘」を進めてきた。その最終日に党大会の計画を報じることで開催に向けたムードを盛り上げる狙いとみられる。

 一方、2016年の第7回党大会開催にあたっては、1カ月ほど前から地域別の党代表会のニュースを伝え、正確な開会日も10日前に発表していた。

 mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。