Go to Contents Go to Navigation

文大統領 新捜査機関のトップ指名=野党は「操り人形」と非難

記事一覧 2020.12.30 13:55

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、政府高官らの不正を捜査する新組織「高位公職者犯罪捜査処(公捜処)」のトップに元裁判官の金鎮ウク(キム・ジンウク)憲法裁判所上級研究官(54)を指名した。公捜処の発足は、文大統領の公約「検察改革」の柱。検察権力へのけん制を踏まえた人選とみられる。

憲法裁判所に入る金氏=30日、ソウル(聯合ニュース)

 金氏は国会の人事聴聞会を経て正式に任命される。公捜処は来年1月に発足する。

 文大統領は「国会での長い議論の末、候補者を推薦しただけに、法律が定めている通り国会人事聴聞会が円満に開催され、公捜処が早期に発足するよう、国会に協力を要請する」と述べた。

 金氏は1995年に裁判官に任官。98年から12年間は韓国最大手の「金・張法律事務所」で弁護士として活動した。その後、憲法裁判所憲法研究官などを務めた。

 公捜処長候補推薦委員会は28日、金氏ら2人を推薦していた。

 青瓦台(大統領府)高官は金氏について、「さまざまな法曹経歴を持っている」として、「専門性と均衡性、能力を備えていると判断した」と説明した。また、「公捜処の発足は権力機関間のけん制と均衡、不正のない社会のための約束」とし、「公捜処の中立性を守りながら権力型不正を聖域なく捜査し、公捜処が人権に配慮する捜査機関として位置づけられることに寄与することを期待する」と強調した。

 金氏の指名を受け、文大統領が同日午後に秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官の辞意を受け入れ、後任を発表するとの見方が出ている。秋氏の後任としては与党「共に民主党」の朴範界(パク・ボムゲ)国会議員が有力視される。

 一方、最大野党の「国民の力」は金氏の指名について、「操り人形」「オーダーメイドの公捜処長」などの表現を用いて厳しく反発した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。