Go to Contents Go to Navigation

コロナ「第3波」長期化 来月3日以前に防疫レベル調整検討=韓国

記事一覧 2020.12.30 16:01

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は30日の定例会見で、「(新型コロナウイルスの)流行の『第3波』が思ったより長引いている」と述べ、感染拡大は抑えられているが、感染者の明確な減少傾向もみられない状況が続いているとの見方を示した。

ソウル近郊の水原駅前に設けられた新型コロナウイルスの臨時検査所=(聯合ニュース)

 ここ1週間(12月24~30日)の1日当たりの市中感染者数の平均は約1009人で、首都圏で約700人、首都圏以外の地域で約300人発生している。

 尹氏は週末の移動量について、首都圏では3週間減少傾向が続き、最低値を更新したとして、現在の努力を維持するよう呼びかけた。

 「年末年始特別防疫対策」が実施された先週末(12月26~27日)の携帯電話の位置情報を基にした移動量は直前の週末(12月19~20日)に比べ首都圏で3.4%、首都圏以外の地域で1.4%減少した。

 政府は来月3日まで実施される現在の防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを再び調整するか、今後の状況をみて決定する方針だ。

 社会的距離の確保のレベルは首都圏で上から2番目の第2.5段階、首都圏以外の地域では第2段階となっており、年末年始特別防疫対策も来月3日まで実施される。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。