Go to Contents Go to Navigation

駐日韓国大使と駐韓日本大使の交代 両政府が同意=来月中旬にも赴任

記事一覧 2020.12.31 09:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の次期駐日大使に内定した姜昌一(カン・チャンイル)氏が日本政府からアグレマン(同意)を得たことが31日、分かった。韓国の複数の外交消息筋が明らかにした。

姜昌一氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 消息筋は「日本政府が先週、外交ルートを通じて韓国政府にアグレマン(同意)を出したことを通知した」と述べた。

 韓国政府も駐韓大使に内定した相星孝一氏にアグレマンを出したもようだ。

 消息筋は姜氏に対するアグレマンが相星氏より先に出たとして、「両国政府がそれぞれ(状況に合わせて)判断したと思う」と述べた。

 両氏は来月中旬にも正式に赴任するとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。