Go to Contents Go to Navigation

韓米が21年初めの合同軍事演習巡り協議中 対北朝鮮関係も考慮か

記事一覧 2020.12.31 16:31

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国の軍当局が2021年初めに予定する合同軍事演習の実施策を協議していることが31日、分かった。

韓米は来年初めの合同軍事演習を巡り協議している(イラスト)=(聯合ニュース)

 韓米による大規模な合同軍事演習は年に2回、3~4月と8月中に行われるのが慣例になっている。今年3月初めに予定していた前半期の合同指揮所演習は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて無期限延期され、8月の演習は規模を縮小して実施された。

 新型コロナの感染拡大の勢いが衰えなければ、韓米は21年初めの演習も縮小した形で実施するとみられる。

 韓国軍合同参謀本部や韓米連合軍司令部、在韓米軍司令部、在韓国連軍司令部は、新型コロナの流行状況などを踏まえて21年の合同演習の方向性などを緊密に協議するようだ。特に、大規模な韓米演習に反発してきた北朝鮮を刺激せずに実施する方策についても意見を交わすとされる。

 21年1月にバイデン米政権が発足すれば、韓米は対北朝鮮関係などを考慮した合同演習の実施策についてさらに議論する計画だという。

 トランプ米政権は、米朝首脳会談を契機として朝鮮半島の非核化をけん引していく考えから韓米の合同演習を縮小して実施したが、バイデン政権もこうした路線を引き継ぐかどうかが注目される。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。