Go to Contents Go to Navigation

韓国与党代表「時機見て大統領経験者2人の恩赦を建議する」

記事一覧 2021.01.01 05:00

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」代表の李洛淵(イ・ナギョン)前首相は1日、収監中の朴槿恵(パク・クネ)前大統領と李明博(イ・ミョンバク)元大統領に対する恩赦と関連し、「国民統合のための大きな鍵になる可能性がある」とし、時機を見て文在寅(ムン・ジェイン)大統領に建議すると明らかにした。聯合ニュースとのインタビューで述べた。

李洛淵氏=(聯合ニュース)

 また「今年は文大統領が(大統領として)仕事をすることができる事実上最後の年であり、この問題を適切な時期に解決しなければならないのではないかと考えている」と説明した。

 李氏は「支持層の賛否を問わず建議しようと思う」とし、「今後は党がもう少し積極的な役割を果たさなければならないだろう」と強調した。

 その上で、朴槿恵氏と李明博氏は法律的状態が違うと指摘した。刑が確定した李明博氏には特赦を与え、裁判中の朴槿恵氏は刑の執行を停止し、拘束を解く案を念頭に置いた発言と受け止められる。

 李氏は新年のあいさつに注目してほしいと強調した。新年のあいさつで李氏は「社会の葛藤を緩和し、国民統合を成し遂げる。最善を尽くして『前進』と『統合』を実現する」と述べた。

 国民統合のために文在寅政権が朴槿恵氏と李明博氏に対する恩赦について決断しなければならないという考えを示したもので、文大統領と事前に調整が行われたのか注目される。

 与党の一部から尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長を罷免する必要性が提起されていることや検察改革に関連しては、「党の検察改革特別委を通じた制度的な改革を着実に推進することが全て」とし、検察改革特別委に結論を出すよう委ね、その方向で党内の意見もまとまっていると説明した。

 李氏は昨年12月に行われた文大統領との面談については、「文大統領はすでに準備していたが、先月12日ごろに陣営の刷新を建議し、26日には21年の基調として安定と意思疎通の必要性を建議した」と説明した。

 李氏は「(私の考えは)各界の指導者や国民と会う機会が増えれば良いというもの」とし、その一環として保守系最大野党「国民の力」トップの金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長に対し、与野党のトップ会談開催を提案したと述べた。

李洛淵氏=(聯合ニュース)

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。