Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 住民に直筆の年賀状=新年の辞発表せず

北朝鮮 2021.01.01 08:30

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が新年を迎え、住民に直筆の書簡を送ったと報じた。

朝鮮中央通信が1日に公開した金委員長の直筆の書簡(同通信より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金委員長は年賀状となる書簡で、「厳しい歳月の中でも変わりなく、わが党を信じ支持してくれた心に感謝する」として、「人民の理想と願いが花開く新しい時代を早めるため、力強く戦う」と強調。自らを「偉大なる人民に仕える忠臣」と表現した。

 北朝鮮の最高指導者が住民宛てに年賀状を送ったのは1995年以来、26年ぶりとなる。金日成(キム・イルソン)主席の死去翌年の95年には金正日(キム・ジョンイル)総書記が「偉大なる首領の戦士、偉大なる首領の弟子らしく私の国、私の祖国を一層富強にするため、皆が一つの心になって力強く働いていこう」とする年賀状を公開していた。

 金委員長は2012年の就任後、ほぼ毎年の1月1日に肉声で「新年の辞」を発表したが、今年は第8回党大会が迫っているなど肉声でメッセージを発信する機会が多く、新年の辞は発表せず、直筆の書簡であいさつを伝えたとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。