Go to Contents Go to Navigation

韓国人の免税店利用額 昨年11月に約68億円=コロナ拡大以降最高

記事一覧 2021.01.01 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国免税店協会が1日に公開した資料によると、昨年11月の免税店の売上高は同年前月に比べ2.1%増の約1兆4195億ウォン(1350億円)だった。このうち、韓国人利用客の売上高は712億5100万ウォンで、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化した同年3月以降、最高となった。利用客数も約57万7000人で、同年3月以降最も多かった。

防疫作業が行われているソウル市内の免税店(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国人の利用客が増え、免税店全体の利用客数は同年3月以降最高となる約64万3000人を記録した。

 韓国人利用客の9割以上は韓国人も購入できる済州島の指定免税店を利用した。購入額は640億ウォンだった。

 一方、外国人の利用客は約6万5600人で前月より減ったが、購入額は約1兆3483億ウォンに増えた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。