Go to Contents Go to Navigation

韓国次期大統領選候補の支持率 京畿道知事が首位=新年世論調査 

記事一覧 2021.01.01 15:33

【ソウル聯合ニュース】韓国で新年を迎えて実施された各世論調査で、次期大統領選挙(2022年)への出馬が予想される人物の支持率は与党「共に民主党」所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事が首位となった。李氏が優位に立つ中、同党の李洛淵(イ・ナギョン)代表と、尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長による3強の構図が固まりつつある。

(左から)李洛淵氏、李在明氏、尹錫悦氏=(聯合ニュースTV)

 調査会社・カンタコリアが朝鮮日報とTV朝鮮の依頼を受け、先月27~30日に全国の18歳以上の1010人を対象に実施した調査結果によると、李在明氏の支持率が18.2%で最も高かった。李洛淵氏は16.2%、尹氏は15.1%だった。

 無所属の洪準杓(ホン・ジュンピョ)国会議員が5.5%、呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長が3.4%、「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)代表が1.9%、劉承ミン(ユ・スンミン)前議員が1.7%と続いた。

 ハンギョレ新聞がケイスタットリサーチに依頼して同期間、全国の有権者1000人を対象に行った調査結果では李在明氏が23.8%を獲得した。尹はが17.2%、李洛淵氏は15.4%だった。

 ソウル新聞が現代リサーチ研究所に依頼して実施した調査でも李在明氏(26.7%)、尹氏(21.5%)、李洛淵氏(15.6%)の順だった。同調査は先月28~30日、全国の有権者1012人を対象に実施した。

 次期政権については交代を求める意見が優勢だった。

 カンタコリアの調査結果では「政権交代のため、野党候補が当選すべきだ」との回答(49.9%)が「政権維持のため、与党候補が当選すべきだ」(34.8%)を大きく上回った。

 ケイスタットリサーチの調査でも「政権交代のため、野党候補が勝利すべきだ」との答えが49.5%、「改革完遂のため、与党候補が勝利すべきだ」が36.7%だった。

 一方、4月のソウル市長選を巡っては、現代リサーチ研究所の調査で「野党が勝つと思う」との回答が47.6%、「与党が勝つと思う」との答えは39.6%だった。

 東亜日報がリサーチアンドリサーチに依頼し、先月27~29日にソウル市の有権者800人を対象に行った支持率調査では「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表(24.2%)、共に民主党所属の朴映宣(パク・ヨンソン)中小ベンチャー企業部長官(17.5%)、「国民の力」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)前国会議員(14.5%)の順だった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。