Go to Contents Go to Navigation

慶尚北道・浦項がロケ地として人気 ドラマなど撮影=韓国

芸能・スポーツ 2021.01.03 17:06

【浦項聯合ニュース】韓国南東部の慶尚北道浦項市がドラマやドキュメンタリー、バラエティー番組のロケ地として人気を集めている。

浦項の日本人家屋通りで記念撮影する観光客(資料写真)=(聯合ニュース)

 同市によると、先月放送が始まったケーブルチャンネルJTBCのドラマ「それでも僕らは走り続ける」は市内のさまざまな名所でロケが行われた。

 俳優イム・シワンと女優シン・セギョンが演じる主人公のキ・ソンギョムとオ・ミジュが運命的に出会うシーンは線路の森で撮影された。

 また、ドラマの主なシーンには延烏郎細烏女テーマパーク、虎尾半島海岸トゥルレキル、二加里錨展望台などが登場する。

 2019年にKBS第2テレビで放送された人気ドラマ「椿の花咲く頃」は主に同市九竜浦邑の日本人家屋通りで撮影され、観光客が訪れている。また、同局で昨年11~12月に放送されたバラエティー番組「1泊2日」の浦項編では崑崙山、徳洞文化村などが、昨年12月に放送されたドキュメンタリー番組では九竜浦邑一帯が紹介された。

九竜浦邑(資料写真)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。