Go to Contents Go to Navigation

韓国警察 捜査総括組織の看板掛け=「すべて変える」

記事一覧 2021.01.04 11:36

【ソウル聯合ニュース】韓国警察は4日午前、捜査総括組織となる警察庁の「国家捜査本部(国捜本)」の看板掛けを行った。

韓国警察は捜査総括組織となる警察庁の「国家捜査本部」の看板掛けを行った=4日、ソウル(聯合ニュース)

 看板掛けには金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長らが立ち会った。金氏は「警察が名実ともに捜査の主体として新しく生まれ変わり、責任捜査を実現するという固い意志を約束する意義深い場だ」として、「国民から信頼を受ける捜査機関になるという決然とした意志に基づき、これまでの認識と姿勢、制度と文化をすべて変える」と強調した。

 韓国警察は今年から国家・自治・捜査警察に分離された。検察の捜査指揮権が廃止となり、警察に第1次捜査の終結権が与えられ、警察捜査を統括する国捜本に大きな関心が集められている。

 ただ、本部長の人事が遅れ、当面の業務空白は避けられない状況だ。警察庁の捜査局長が本部長代理を務める。

 一方、警察委員会から名称が変わった国家警察委員会も同日午後、看板掛けを行う。同委員会は国家警察の治安政策を審議・議決する。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。