Go to Contents Go to Navigation

FTA発効国との貿易比率 今年77%超の見通し=韓国

記事一覧 2021.01.04 13:46

【ソウル聯合ニュース】韓国貿易協会の通商支援センターが4日に公表した報告書によると、英国との2国間の自由貿易協定(FTA)が1日に発効したことで、韓国は56カ国と17件のFTAネットワークを構築した。これらFTA発効国との貿易が貿易全体に占める比率は2019年基準で70%に迫っており、今年は77%を超えると報告書は見込んでいる。

RCEPには韓中日やASEAN加盟国など15カ国が署名した(イラスト)=(聯合ニュース)

 報告書は、昨年署名した韓国とインドネシアの包括的経済連携協定(CEPA)について年内に発効する可能性が高いと予想し、韓中日や東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など15カ国が署名した東アジア地域包括的経済連携(RCEP)も今年後半に発効すると見通した。この通りになった場合、韓国のFTA発効国との貿易比率は77.1%に拡大する。

 RCEPは、ASEAN10加盟国のうち6カ国以上とASEAN以外の5カ国のうち3カ国以上が批准すれば発効することになっている。

 貿易協会のチェ・ヨンミン通商支援センター長は「RCEPが発効すれば、2国間FTA、多国間FTA、メガFTAが重複することになる」とし、「韓国企業は時期ごとに最も有利な条件のFTAを選んで活用する戦略を点検すべきだ」と助言した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。